蔵書整理を思い立つ

蔵書整理を思い立つ

「え?!私ってこの本まだもってたんだ!」「うわー、これ結局最後まで読んでないよ」「情報が古いからもう参考にはならないなあ」と、ぶつぶつつぶやきつつ、蔵書を整理しました。

本棚にぎっしりつめられ、段ボールにつめられ押し入れに、トイレにも数冊、なぜか玄関にも数冊、リビングの角には何本かの「本の塔」がたち、枕の横にも本。そんな我が家だったのですが、意を決しての処分です。「本は本棚に入るだけしか手元に残さない!」とルールを決め、心に固く誓い、すべて整理・処分しおわるまでに2ヶ月半かかりました。

近所の古本屋に持ち込もうと思ったのですが、調べてみると最近は、段ボールに詰め込み、ネットの古書店に送りつけるだけでOK。あとから金額をメールで教えてくれて、振り込みをしてくれるサービスもあるんですね。まあどこに売ろうともたいした金額にはならないとおもっていたので、この際一番楽な方法を選ぶことにしました。

送るのにあたっては送料は無料!だから、段ボール2?3個分整理できたら送って、また2?3個たまったら送ってをくりかえしました。お恥ずかしいはなしですが、最終的に段ボールで52個の本を処分することになりました。ここで一念発起せず本を買い続けため続けていたら、ぼろい我が家は床がぬけていたかもしれない……と母が真顔で言うのでわらってしまいました。

そもそもなぜ整理処分を思い立ったのか。それは、やっぱり「歳」ですね。わたしも十分すぎるほどに中年となり、歩んできた人生の分、思い出も増えてきたわけです。未来のことを考える時間よりも、過去の思い出をふりかえることが多くなってきた……そんなように思うこのごろだったのです。

それはそれで穏やかで、悪いことではないのですが、せめて本ぐらいは、古い物をすて、新しい物を読み、新陳代謝をさせていきたい。そう思いました。まだ読んでない本がたくさんまっている!そう思ったら、さようならが必要な本もあるなと思えてきたのです。

そういうわけで、「本棚に入る分しか本をためない!」ルール。インとアウトをうまくコントロールしなければいけません。うまくいくかな……と不安ですが、今のところ母が目を光らせているのでだいじょうぶそうです(笑)。

カローラアクシオマークX

お家でのんびりゴールデンウィーク

もうすぐゴールデンウィーク。天気がよくなるといいですね。連休はどこかに旅行でも……と思うには思うのですが、毎年思うだけ。私は毎年ゴールデンウィークには基本的にはどこにもでかけません。

第一に、ゴールデンウイークはどこも混みあっていますよね……。出かけた先だけではなくて、交通機関も。静かなところも探せばあるのでしょうが……同じ日本人、そしてせまい日本。出かけたいとおもうような場所は同じなのかもしれませんね。

そして、ゴールデンウイークは宿もどこも値段が高い……!ここぞまさにかき入れ時。特別にこの季節でなければたのしめないという場所でなければ、なんだか損した気分になってしまうんですよね……(笑)。オンシーズンなので仕方がないのですが、これぞ貧乏性。ケチとも言います(笑)。

そういうわけで、私のゴールデンウィークはもっぱらお家でのんびり。積みっぱなしの本を読んだり、部屋の片づけをしたり、ベランダのプランターの手入れをじっくりしたり。外に出かけるとしても近所を自転車でふらふらしたり、美容室でいつものカットにトリートメントをプラスするぐらいです。

5月病だとかいわれますが、そこまではいかないにしろ、年度末と新年度の疲れがちょうどでるところです。疲れた体をいやして、体調を整えるための調整期間。そんな風に考えるゴールデンウィークも良いものですよね。迎える前には、あれをしようこれをしようと思っていても、済んでみればあっという間なのが連休。楽しいときは短いものです。

と、私のまわりは、似たり寄ったりの考えかたをする友人が多いのです。そういうわけで今年はみんなで集まって居酒屋で宴会をすることになりました。一人は丁度ゴールデンウィークに帰郷してくる会う古い友達!会うのは5年ぶりです。今からワクワクしています。これぐらいのイベントが私の連休には丁度いいみたい。みなさんはどんなゴールデンウィークを過ごしますか?

トヨタパッソ